フィボナッチ係数とボリンジャーバンド 前編


前回は移動平均線とボリンジャーバンドの組み合わせによる、トレンド転換のポイントを見つける方法を解説しました。

基本的には逆張りに役立つ分析手法ですが、ここではさらに逆張りに使いやすい、フィボナッチ係数とボリンジャーバンドの組み合わせによる相場分析を解説しましょう。

フィボナッチ係数については、すでに当サイトでも何度か解説してきました。

黄金比という科学では説明出来ない謎の比率を使ったテクニカルチャートですが、これが意外に当たるので信憑性の高い分析手法として知られています。

相場の2つのポイント、直近の安値と高値、または高値と安値を拾い出して、その2点間に5ヶ所のポイント作ります。

23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%の5ヶ所です。

この5ヶ所はフィボナッチ・トレースメントと呼ばれ、それぞれのラインが抵抗帯になるという考えです。

先ほども述べましたが、この黄金比には明確な科学的根拠はないのですが、人間の体型やあらゆるものの形に見られる黄金比率なので、「何かある」と考える人が多く、それが市場参加者を心理的に動かし、相場の値動きにも影響を与えています。

このフィボナッチ・トレースメントの中でも38.2%と61.8%は特に重要なポイントとされており、ここが抵抗帯になるという相場展開はしばしば見られます。

ということは、そこにボリンジャーバンドを組み合わせれば・・・?

その通りです。

それでは、次回の後編はボリンジャーバンドとの組み合わせ方です。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。