[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB

フィボナッチ係数とボリンジャーバンド 後編


前回はフィボナッチ・トレースメントの概要と、その中でも特に重要な2つのポイントについて解説しました。

まだ読んでいない方は、それを踏まえたお話になるので必ずそちらを先に読んで下さいね。
フィボナッチ係数とボリンジャーバンド 前編

つい最近に上昇トレンドを演じ、あるポイントで上昇が止まった相場があるとします。

直近の安値(つまり上昇トレンドが開始したポイント)、それと直近の高値(上昇トレンドが終了したポイント)の2点を使ってフィボナッチ・トレースメントを算出すると、38.2%と61.8%の2ヶ所が重要な抵抗帯として意識されることでしょう。

そこに、ボリンジャーバンドです。

そのフィボナッチ・トレースメントの重要ポイントに、ボリンジャーバンドの±2σまたは±3σが差し掛かっていたとしたら、どうでしょうか。

ボリンジャーバンドは数字が大きくなる(つまり外側の線)ほど信頼度が高いので、±3σの線とフィボナッチ・トレースメントの38.2%、または61.8%が重なっていればバッチリです。

その部分は強い抵抗帯として機能するので、絶好の逆張りポイントとなるでしょう。

もしその相場が上昇トレンド終了後に発生した下落トレンドだった場合は、とても有効な戦術があります。

それは、次回に解説しましょう。

今回よりもさらに実践的なトレード術です。


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。