ボリンジャーバンドが万能と言われる理由


FXトレードをしている人の間には、ボリンジャーバンド万能説、最強説というものがあります。いったいなぜそんな説があるのでしょうか。

最大の理由はもっとも信用できるからだと思います。

ボリンジャーバンドはチャートの見方も分かりやすく、バンド幅と呼ばれる間に値動きが集約される仕組みになっているので、その瞬間の最大値と最小値が一応は分かります。もちろん、全てのケースが当てはまるわけではありませんが、指値を入れる際にはかなり参考になるのではないかと思います。

特に逆張りをする人にとっては、ボリンジャーバンドの上限や下限に値動きが近づいてくると、そこで相場が反転する可能性が高いので絶好の逆張り場となります。

ボリンジャーバンドには2つの線があって上限、下限ともに第1段階と第2段階があります。この第2段階をはみ出す可能性はさらに低くなって、統計学上は数パーセントしかないので、そこで逆張りを入れると理論上の失敗率は数パーセントということになります。

これが、ボリンジャーバンド万能説の最大の根拠です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。