[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB

バンド幅の広さで分かること


ボリンジャーバンドの概念には、バンド幅というものがあります。

実際にチャート画面を見るとすぐに分かりますが、ボリンジャーバンドで引かれた各σの線が広がったり、縮んだりしていることが見て取れます。

この開きを幅と呼び、幅の大小によって相場の展開がどうなっているのかが分かるようになっています。

このバンド幅は広がったり縮んだりを繰り返しており、幅の広さが変わる時は相場の転換点が訪れていることが分かります。

あくまでも過去の値動きですが、これまでに大きな値動きや相場の転換が発生した時のボリンジャーバンドを見ると、必ずといって良いほどバンド幅が小さくなった後でドカーンと広がるという展開になっています。

つまり、ボリンジャーバンドのバンド幅が狭くなってきているということは、近いうちに相場に大きな動きがあるかも知れないという示唆になります。

これについてはとても重要なことなので、次回以降に詳しく解説します。

現段階ではボリンジャーバンドの幅が狭くなった後で相場に大きな動きがあってバンド拡大、やがて相場のマグマが収束してくるとバンド幅は再び狭くなってくるという動きを繰り返していることを押さえておいてください。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。