ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドについての記事を更新するカテゴリです。テクニカル分析にボリンジャーバンドを利用している人もいるかも知れません。まだボリンジャーバンドを知らない人にも分かりやすく解説していきます。
フィボナッチ係数とボリンジャーバンド 後編
前回はフィボナッチ・トレースメントの概要と、その中でも特に重要な2つのポイントについて解説しました。 まだ読んでいない方は、それを踏まえたお話になるので必ずそちらを先に読んで下さいね。 フィボナッチ係数とボリンジャーバンド 前編 つい最近に上
フィボナッチ係数とボリンジャーバンド 戦術編
フィボナッチ・トレースメントとボリンジャーバンドを組み合わせた相場分析を実践に使用する、戦術編です。 基本的にはフィボナッチ・トレースメントが示す抵抗帯と、ボリンジャーバンドが示す抵抗帯が一致するポイントがあれば、そこは強い抵抗帯となって機能する可能
ローソク足とボリンジャーバンド 前編
基本的に、ボリンジャーバンドはローソク足と組み合わせて表示されます。ローソク足は実際の値動きと現在値を示し、ボリンジャーバンドはそこから得られたデータを元にバンド幅を算出しています。 よく「ボリンジャーバンドの上限にタッチした」とか表現されますが、こ
ローソク足とボリンジャーバンド 中編
前回、ボリンジャーバンドの上下にタッチした値動きはバンドの上限や下限から反転して再びバンド幅の中に戻ってくるというところまでお話ししました。 そして、バンド幅の中に戻ってきた後は中央付近で再び方向感を探ると述べました。 この性質は、売買戦略にとても役立
<< 前ページ | 1 | 2 |