[注目サイト]
FX INNOVATION CLUB

ボリンジャーバンドとテクニカルの組合せ

ボリンジャーバンドとテクニカル分析との組み合わせに関する記事を更新するカテゴリです。
RSIとボリンジャーバンド
今回からは、ボリンジャーバンドとオシレーター系チャートの組み合わせ方を解説していきましょう。 オシレーター系チャートにはいくつかの種類がありますが、最も簡単なのはRSIです。何が簡単って、何せ線が1本しかありません。1本の線が上に行ったり下に行ったりして
MACDとボリンジャーバンド
RSIと並んで知名度の高いオシレーター系チャートとして不動の地位を築いているのが、MACDです。MACDと書いて「マックディー」と読みます。 このMACDも相場の行きすぎを知るために有効なチャートとして知られています。MACDが高い値になっていれば買われ
一目均衡表との組み合わせ
ボリンジャーバンドの信憑性を高めるために、さまざまな他のチャートと組み合わせてきました。 今回はその最終回、トリを飾るのは筆者も大好きな一目均衡表です。 一目均衡表の優れたところは、雲という概念があることです。ボリンジャーバンドとはまた違う独自の抵
注文状況と組み合わせてみる
前回まで、ボリンジャーバンドと色々なテクニカルチャートを組み合わせた相場分析を解説してきました。 今回は、テクニカルチャートとは違う、別のマーケット要因をボリンジャーバンドと組み合わせる手法をご紹介します。 今回使うのは、注文状況です。 外為
組み合わせは2つだけではない
ボリンジャーバンドと色々なテクニカルチャートを組み合わせて相場分析をする方法を解説してきましたが、ここまで解説してきたのは全てボリンジャーバンド+○○という2つの組み合わせです。 これだけでも一定の確度は上がりますが、何もこの組み合わせは2つでなくて